「ほっ」と。キャンペーン

おで様流



旧岩崎邸庭園最終回パート5/撞球室と地下道とキャノン機関の巻(東京のたのしい)



いよいよ最終回パート5のはじまりはじまり〜
よいこはあつまって〜!!


パート4で和館のなごみスペースについてご紹介したけれど
実は洋館にも、家元お気に入りの和みのスペースがあるんだよ

それは・・・


2階のバルコニー!


f0109989_23514285.jpg


洋館2階には、広い庭に面した大きなバルコニーがあって
ちゃんと屋根もあるから全天候的にたのしめる

この日はちょっと蒸し暑かったけれど、
緑に囲まれたお庭に面するバルコニーには
涼しい風が吹いていてとても気持ちよかったよ


f0109989_23524420.jpg


家元、この日は元禄袖の単衣を着用


f0109989_23531060.jpg





さて、順路にしたがい和館を出ると、
バルコニーから見えていたお庭に通じているよ


f0109989_23551840.jpg


広いお庭には白いテーブルと椅子が置いてあって、
ゆっくり腰掛けたり、芝生をのんびり歩いたり
リラックスすることができる


f0109989_23561234.jpg


この日もお庭では、のんびり読書する人や、
ゆったり景色をたのしむ人が白いテーブルのところにいたよ
テーブルの数はそれほど多くはないけれど、
それぞれにパラソルが備えてある

晴れたり曇ったりだったこの日はパラソルはしまってあったけど
日差しが強い日にはありがたいね!



さて、お庭をお散歩していると
洋館のほど近くにひっそりと建つ山小屋風の建物が・・・

当時のハイソな娯楽として欠かすことのできない
「ビリヤード」のための専用ルーム、そう撞球室です


f0109989_051513.jpg


この建物も、もちろんジョサイア・コンドルさん設計だけど
ジャコビアン様式(イギリスにおける初期ルネサンスのリヴァイヴァル)
といわれる洋館とは対照的なスイスの山小屋風、木造ゴシックというらしい


内部は公開されておらず、かなり暗〜い
写真を撮ってみたけれど、うっすら暖炉や窓枠の雰囲気、
スチーム暖房機が見えるだけ


f0109989_015204.jpg



どうしてこの撞球室だけ内部に立入ることができないんだろう・・・
不思議だよね

実は撞球室には地下室があり、洋館とは地下通路でつながっているんだって

え?地下通路?
それだけでなんだかあやしげな、なんだか怖いかんじがしない?

そこで拷問なんかが行われていたとしたら・・・

ご、拷問???!!!キャー!こ、こわいよぉ〜



洋館から和館へとつながる廊下の窓から、
地下室/ボイラー室の存在が確かめられるよ
f0109989_2151678.jpg



1945年(昭和20年)日本は敗戦国となり、
その戦後処理にあたるため連合国からは進駐軍がやってきた
進駐軍の指令本部は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)と呼ばれる組織で
そこにはまた様々な任務を帯びた機関が所属していた

その様々な任務には、どうやら秘密の活動もあったのね
いわゆる諜報活動とか、スパイとか、
スパイの取り締まりとか、そういうの

GHQ参謀第2部(G2)直轄の秘密機関に
キャノン機関とよばれる組織があったそうな
キャノン機関は組織を率いる司令官
ジャック・Y・キャノンさんの名前からそう呼ばれていたそうな

旧岩崎邸は戦後 GHQ に接収され
キャノン機関の本部として使用されることになった



撞球室のテラスから洋館をのぞむ
f0109989_3101929.jpg



1951年、プロレタリア作家鹿地亘(かじ・わたる)氏が行方不明になり、
約1年後の1952年突然帰宅するという事件がおこる
帰宅した鹿地氏の証言から彼がキャノン機関に拉致、
監禁されていたことが明らかに!
そして鹿地氏が一時監禁されていたのが
この本郷ハウス、つまり旧岩崎邸だったのだ〜

鵠沼海岸を散歩中突如拉致された鹿地さん、
本郷ハウス=旧岩崎邸では、ソ連のスパイ容疑をかけられ、
拷問に近い尋問を受け、アメリカのスパイになれとひつこく迫られる

さんざんな目にあった鹿地さんはついに自殺未遂まで・・・
日本人同胞として捨ててはおけなくなった
本郷ハウスのコック山田さんの協力で、ついに外部との接触に成功!

そしてキャノン機関による拉致・監禁が世間に知れそうになると、
鹿地さんは突如神宮外苑付近で解放されたのだそうだ



f0109989_3215076.jpg



鹿地さんは1年近くにおよぶ監禁生活の間、
あちこちを転々とさせられいたそうだが
旧岩崎邸での監禁場所は2階の一部屋とも地下室ともいわれている

そんなことからか、地下室および地下通路には
拷問を思わせる痕跡があるから公開できないのね、
などと言う人もいるけれど・・・

ほんとうのところはわからないなぁ〜

本郷ハウスとよばれ、GHQ に接収されているあいだ、
旧岩崎邸ではどんなことが行われていたのか、
はっきり証明することはたぶん無理
キャノン機関は秘密の活動が任務だから、
当然何をやっていたかは秘密だしねぇ

鹿地さんは無事解放されたけれど、
たしかに敗戦直後から日本が独立するまでの間は
法整備もきちんとしていなかったわけだし、よいこが想像もできないような
おそろしいことがあったとしてもおかしくない・・・かもね〜


たとえば地下に通じる階段は

その存在はたしかなのに立入禁止(スリッパが気になるなぁ〜)
f0109989_2282875.jpg


のぼっちゃいけない階段や
f0109989_2242564.jpg
f0109989_2295048.jpg


開けちゃいけないドアーに
f0109989_2302928.jpg


よいこの妄想がガンガンふくらんじゃうよね〜 ブルブル




鹿地さんの事件があかるみにでて作戦失敗したキャノン機関は
ほどなく解散・消滅
1953年、旧岩崎邸はようやく日本政府に返還される

1947年に財産税の物納として屋敷を手放していた岩崎久弥さん一家は
すでに成田へ転居していた



2階の窓から入り口の入園券売り場をのぞむ
f0109989_3212520.jpg



幕末〜明治をたくましく生き抜いて三菱財閥の礎を築いた岩崎弥太郎さんが
大名屋敷の跡地を手に入れ
三代目久弥さんがジョサイア・コンドルさんに設計を依頼し建てた旧岩崎邸



f0109989_3223987.jpg



戦後の財閥解体にあたり、直接軍需産業とは関係なかった三井財閥は
自主解体をうながされ受け入れる
住友財閥も同様に、その事業は経営陣に受け渡していた

軍需産業が基幹事業であった三菱財閥の四代目岩崎小弥太氏は
GHQ の財閥解体方針に対し「日本国民として当然の行いをしただけである
日本政府の方針であれば解体するが、自ら解体せよとは何事だ」と激怒し
最後まで抵抗したそうだ

1952年4月28日サンフランシスコ講和条約発効
日本が独立国家となる



f0109989_3221958.jpg



明治から昭和、そして平成へ、激動の日本を
このお屋敷がずぅっと見守ってきたんだとおもうと、
なんだかジワ〜ンと感動してしまうね・・・



f0109989_3203786.jpg



結局パート5まで、えんえんと続いてしまった旧岩崎邸庭園リポート
最後まで読んでくれて心から感謝しています

歴史的価値だけじゃない

その美しさ、心地よさ、のびのび自由な雰囲気、どれをとっても、
自信をもっておすすめできる旧岩崎邸庭園

よいこは是非おとずれてみてほしいなぁ〜

よいこのみんなのリポートもたのしみにしているよ!





↓ココに見学についての詳しい情報があるよ
公園へ行こう!旧岩崎邸庭園





↓旧岩崎邸庭園についてもっと知りたいよいこはクリック Go!
旧岩崎邸庭園 @ Wikipedia
↓三菱財閥についてもっと知りたいよいこはクリック Go!
三菱財閥@ Wikipedia
↓GHQ についてもっと知りたいよいこはクリック Go!
連合国軍最高司令官総司令部@ Wikipedia
↓キャノン機関についてもっと知りたいよいこはクリック Go!
キャノン機関@ Wikipedia
↓鹿地亘についてもっと知りたいよいこはクリック Go!
鹿地亘@ Wikipedia
[PR]
by kuronekoyuya | 2008-06-25 04:13 | 東京 | Comments(6)
Commented by あじゃ at 2008-06-25 09:29 x
家元、モデルさんみたい。華奢でお綺麗です・・・。
着物と旧岩崎邸の雰囲気が馴染んで素敵ですね。

キャノン機関、知りませんでした。
こわいよーこわいよー、夜見なくてよかったよー(汗)。
オバケよりも生きている人間の方が何倍も怖いなあと思う今日この頃です。
お屋敷は良い事も悪い事も見守ってきたんですね・・・。
いつか訪れてみたいです。

*家元、名前欄にブログのURLを入れましたので遊びに来てチョンマゲ。
Commented by lilakimono at 2008-06-25 09:57
家元登場!!
ふっふっふ、りら機関の作戦は成功しつつあると~・・・・・あ、いえ、コホン・・・・
芝生の緑にお着物の青い地色がよく映えて、お顔と着方もしっくり合ってらしてステキですわ♪

撞球室の中に入れないのは・・・・・よいこたちが玉突きしたがると困るから?
んな能天気な理由じゃなくて、ホントに何かありそうですよね。

キャノン機関、カメラメーカーの前身かと・・・・違う違う違う!!
世界の正義!なんて標榜しててもアメリカだってこういう真っ黒いことやってんですよね。
そのうちにどこかから資料が出てきて公開されたりするってこともあるような気もしますが。

長く(回数)長い(一回の文章)レポート、ありがとうございました。
こういうことから色んなものが派生して繋がっていったりするんですよね。
(本とか映像とか、場所を訪れることとか)
面白くて為になる、流石は家元!!だと、つくづく思いましたです。
Commented by kuronekoyuya at 2008-06-25 12:39
あじゃさま♪
キャハハハハ〜!モデル気取り?お恥ずかしいんですがせっかく素晴らしい
シチュエーションで撮れたのでご覧いただこうかと・・・
お着物写真にはピッタリの場所ですよ〜

う〜う〜、こわいですよね〜
でも、今はもうこわくないから大丈夫ですよ
おではお化けもおそろしいし、妖怪やカッパもおそろしいけど
でもやっぱり生きた人間が一番怖いですよね
あじゃさんのブログ、すでに時々潜入しちょります!
お着物写真の定番ロケーション、城址公園の雰囲気抜群な通路
いいですね〜、大好きです
お住まいの近くなんですか?うらやましぃ〜
Commented by kuronekoyuya at 2008-06-25 12:45
りらさま♪
ありがとうございます〜、お恥ずかしい限りなのですが
キモノの色と緑の芝生の色が案外よく似合っててうれしくて、つい・・・

キャノン機関の資料、どこからか(公文書館とか?)出てきたりしそうですよね〜
実は案外、こわいことなんてなんにも無かったりして・・・??
それはそれでチョッピリがっかり(?)なんで、謎のままでいいや(妄想できるし)

今回5回の連載という無謀な自分勝手さでウダウダ書いてみましたが
よかった、とおっしゃっていただけて本当にうれしいです
どうもありがとうございます
次回東京へお越しの際は、ぜひぜひ旧岩崎邸庭園で一日のんびり過ごしましょう〜!
Commented by あいち at 2012-07-30 13:29 x
撮影禁止の場所でガンガン撮ってんじゃねえよ。
Commented by kuronekoyuya at 2012-08-04 23:13
あいちさま♪
コメントありがとうございますぅ
撮影禁止の場所でガンガン撮っちゃ、ほんと、いけないですよね
でも、ここは大丈夫なんですよ
少なくとも、おでが行ったとき当時は大丈夫でした
係員の方もいらっしゃって、館内の撮影は自由だったですよ
そこが良いところだと思いました
<< 黒の薄物は涼しげでよござんす、... 旧岩崎邸庭園パート4/和館・お... >>


家元おでによる豪華写真集、全国旅日記、趣味の世界が全速力で炸裂!懐かしの昭和的世界カテゴリR45もあるよ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新のコメント
シャネル財布さま♪ お..
by kuronekoyuya at 04:50
文吾さま♪ コメン..
by kuronekoyuya at 03:02
おで様 快く転載を..
by 文吾 at 00:13
文吾さま♪ ご丁寧なコ..
by kuronekoyuya at 03:09
Anna Liang さ..
by kuronekoyuya at 23:27
タグ
ブログパーツ
以前の記事
検索
家元のお願い
いらっしゃいまし〜

「おで様流」でご紹介
したお店/スポット情報
は最新でない場合が
あります
ご利用の際は事前に
最新情報についてお問い合わせしてね!

また感想はあくまでも
家元個人の意見です
ご参考までに軽く
受け止めて
くだされ・・・

写真や文章は
個人で見て楽しもうね!

*内容が不可解な
コメント、よいこの
教育上よろしくないと
判断されるコメント、
誹謗中傷を含むコメント
などについては
発見次第削除させていた
だいております・・・
ご了承下さいませ*


ワンちゃんネコちゃん
ペットショップへ行く前に見てね!↓
いつでも里親募集中

ライフボート友の会は
里親さん、ボランティアさんの募集もあり!↓
ライフボート友の会~手を伸ばせば救えるいのちがある~

他にも素晴らしい活動をくり広げている団体があるよ!

ボランティアさんの募集やかわいいグッズの購入で支援ができるシステムもあるから、
よいこは是非一度覗いてみてね♪

日本レスキュー協会
(↑里親募集あり
アニマルレフュージ関西
(↑里親募集あり

支援物資のお知らせは
随時掲載
里親募集もあるよ
がんばるニャンを応援しよう↓

中之島公園の猫たち


クリックするだけで
みんなにかわって企業がいろいろな募金をしてくれるよ!↓



困難な病気と闘う小さな命そして御家族をサポート↓
難病の子供支援全国ネットワーク


<おすすめリンク>

家元お気に入りのコアなリンク集だよ♪
よいこはクリック GO!


<なごみ系>
ギャラリー猫の憂鬱
(↑ギャラリー猫たちの日替わりトピックと写真が見れるよ〜!)
猫ネコ英語
(↑可愛いネコちゃんと実用的な英語がバッチリお勉強できます、毎日見ればペラペラさ!)
Lake Applets
(↑なんだかよくわかんないけど、なごめる)
サーフィン犬バディー
(↑英語だよ、でも写真が超キュートだから見て見て〜!)


<おキモノ系>
おキモノ生活に興味のある方、参考になるよ!
キモノ備忘録
(↑小物もステキ)
豆千代web
着物イメトレ部屋
(↑中身超〜濃し)
小料理ともか
(↑大阪、心斎橋筋の小料理「ともか」さんはお着物姿のステキな女将さんに会える、女性一人でも安心なよいこに優しいお店だよ)


<和&レトロ&カルチャー系>
週刊モガ
(↑日本モダンガール協會主宰の淺井カヨさまは生涯モダンガールをつらぬく美しきアイコン、この方がいる限りモガは永遠なのです!)


明治大正1868-1926
(↑貴重な古写真がいっぱい!)

日本映画資料の小部屋
(↑日本映画ファンなら
必見!素晴らしい資料が満載だよ)

日本珍スポット100景
(↑B級観光地必見!)
東京紅團
(↑文学的/歴史的東京お散歩案内です)

色街の記憶
(↑哀愁の色街写真)
山の上ホテル
(↑存在が伝説)
ヴォーリズを訪ねて
(↑レトロな建物写真)

昭和ロマン美容室
ヘア・サロン夢屋
(↑Funky 60s&70s!)

スワンの涙
(↑ときめきの和洋懐メロ的世界)
DJ タイガー田中の高度成長ミックス
(↑exblog に彗星の
ごとくあらわれた
高度成長ミックス!
昭和の嵐が
吹き荒れるっ)
オンデン70's
(↑ときめきの70年代
ブログはメッチャ充実で
よいこはメロメロだ!)


YouTube Medmickey さんのチャンネル
(↑Medmickeyさんの美しくもカッチョイイ動画は必見 飛行機好きのよいこは迷わずクリック
Go!)


コーヒー・デイズ
(↑素敵なカフェ案内は
生きる道標なのだ!)

中華街ランチ探偵団「酔華」
(↑横浜中華街のことなら
酔華さんにおまかせ!
楽しいトピックが満載だよ)

京都パーフェクトガイド
姐奴の京都おみやげ歳事記
NEW! 姐奴の京都おみやげ歳事記
(↑京都お役立ちサイト
行く前に/行ってからでもチェックせよ!新/旧どちらも必見なのだ)
庵 IORI
(↑で、ここに泊まってみたい)
五条ゲストハウス
(↑現実的にはこっちか、リンクにも注目!)

琉球工房ちゅら
(↑おしゃれな北谷
にある「ちゅら」さん
へ行けば素敵な想い出
の品が・・・
沖縄へ行くよいこは
絶対クリックGo!)


<幕末/歴史系>
幕末維新館
(↑幕末ヲタク必見)
幕末京都
(↑潜入ルポ「寺田屋宿泊」は必見)
竜馬通り商店街
(↑京都伏見)

幕末古写真ジェネレータ
(↑どんな写真でも古写真に一発加工できるよ)

近代日本人の肖像
(↑あの人この人、写真で見れます)
Japan & the Allied Occupation
(↑英語だけど進駐軍時代の写真がいろいろみれるよ!)


<オールド上海系>
駱駝企画室
(↑オールド上海のことなら、迷わずココ!)
大上海糖果號
(↑旗袍(キー・パオ)=チャイナドレスを作りたいよいこは、まずギャラリーで中国服の歴史をお勉強しようね!上海でのオーダーの極意も伝授、他にもステキな写真やコラム満載なのだ)
上海喰う寝る遊ぶ
(↑上記「上海糖果號」主催の王華さんのブログ、お役立ちで楽しいぞ)


<美アート系>
外国語のもメッチャきれいだから見るだけでオッケィ!
Monsieur Z
(↑おフランス語だよ)
Shag
(↑英語だよ)
山本タカト辞典
(↑18禁的世界)

イラスト屋ひぐち制作日誌
(↑新潟を拠点に活躍するイラストレーターひぐちきみよちゃんのホンワカなごみブログ)

えいえもん日記
ながれのかばんやえいえもん
(↑谷根千あたり、心のこもった手作りカバンを自転車で移動販売する、若く美しきえいえもんさんは「ながれのかばんや」なのだ!)


<キャラクター系>
水木しげるの妖怪ワールド
ルパン三世コンプリートファイル
ケロロアイランド
こまねこ

Be My Barbie
(↑バービーちゃんのコレクションがすごい!)
リカ旅ブログ
(↑旅するリカちゃん、連載は終わっちゃったけど過去の日記があるよ、写真もグー!すごいぞ)

赤塚不二夫公認サイト
これでいいのだ!!

(↑とにかく見れ!)


<お笑い系>
流浪の添削ブルース
(↑今すぐ爆笑が必要な人必見だよ、でも18禁)
戦隊な奴ら
(↑君は何レンジャー?)
へなちょこ動物園
(↑へなちょこキャラが
いっぱいでお出迎え
だよ〜!)

カテゴリ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧