おで様流



カテゴリ:横浜/神奈川/静岡( 15 )


横浜中華街をたのしもう!中華街ランチ探偵団「酔華」さんの巻




鏡開きもすんで、もうお正月ムードはすっかり終了だね
それにしても毎日寒いけど、よいこは風邪なんかひいてないかい?
寒い時は身体をあたためる生姜料理がおすすめだよ

この寒さの中、2日間の野外仕事を終えた家元は
もう家から一歩も出たくない!とばかりに毎日チマチマ
芸術作品を作っているが
寒くても、やっぱりたまには家を飛び出して
刺激を求めて街を歩かなきゃいけないよね

そんなときは原宿とか渋谷とか銀座じゃなくって
やっぱり横浜だ!

特に中華街は、一人でもなんとなくブラブラするのに最高だよね


おで様流では 横浜中華街探検 行ってみたいな「安楽園」の巻
横浜中華街/パワーストーンの 横濱 凸凹堂さん の巻
家元の中華街散歩について書いてきたけれど
中華街はとっても奥が深い

たまーに遊びに行く程度の家元なんか、とてもじゃないが
その全貌を知ることは不可能だ


そんな不思議な魅力あふれる街、横浜中華街をひそかにウォッチする家元が
いつも愛読し、頼りにしている素晴らしいブログを
今日はよいこにもご紹介するよ!



中華街ランチ探偵団「酔華」



「酔華」の管理人さんは毎日を中華街で過ごしている
だから中華街の隅から隅まで、その日々の移ろいも
目の当たりにしている
そんな管理人さんが、今日の出来事、のように
中華街のリアルタイムな情報をアレコレ発信してくれるのが
中華街ランチ探偵団「酔華」だ

お名前のとおり、ランチ情報の充実ぶりは他の追随を許さないけど
他にもたくさんの中華街トピックで
中華街の「今」を、そして「あの頃」を、
そしてレトロな中華街をも感じさせてくれる

管理人さんの、横浜と中華街にたいする
深くてあったか〜い愛情が伝わってくる、
まさに家元のハートをわしづかみにする素晴らしいブログなのだ

管理人さんの手による写真が満載でとっても楽しい〜♪


中華街って、たくさんお店があって
どこで食べようか迷っちゃうよね
なんだか入りづらいお店が美味しかったりもするんだよ(たぶん)

「酔華」さんの記事でお勉強して出かければ大丈夫
中華街で、たのしい時間が過ごせること間違いナシだ


実は家元、横浜中華街探検 行ってみたいな「安楽園」の巻 でも
「酔華」さんの記事を参考にさせていただき、ブログをご紹介していた
「酔華」さんでは、とっくのとおに「安楽園」について
くわしく書いておられたのだ


不思議な魅力の「安楽園」
f0109989_12544593.jpg




ところで


「酔華」さんも記事によく書いていらっしゃるけど
最近の中華街は変化の激しさとスピードが増している
昨日まであったお店が今日は無い、すっかり変わってしまった、
なんてことは日常茶飯事らしい

そしてそれは、日本全国各地についても同じことが言える気がする

だから気になる場所へは一日も早く足を運んでみようね
ぐずぐずしてたら楽しい思い出をつくるチャンスを逃しちゃうぞ!

今日も家でダラダラしている家元は、そう自身を戒めるのでありました


寒くったってヨコハマ
雨が降ってもヨコハマ
雪だったってヨコハマ

港ヨコハマの魅力は尽きない
関東地方のよいこ、今週末は 中華街ランチ探偵団「酔華」で予習して
横浜中華街の魅力を探訪してみよう!!


ただし防寒はしっかりとね、風邪ひかないように


じゃ、今日はこれにて、バイッ!
[PR]
by kuronekoyuya | 2011-01-15 13:05 | 横浜/神奈川/静岡 | Comments(6)

横浜中華街/パワーストーンの 横濱 凸凹堂さん の巻




よいこのみんな!
ここんとこチト涼しい日が続いていたけど風邪なんかひいていないかい?
来週はまたポカポカ陽気が戻ってくるみたいだから
もう少しの辛抱だ

家元はお休みの日に、よく横浜へ出かけるのだけれど
中華街にはお気に入りのお店が何軒かある

今日は、そんな一軒をご紹介したいな〜とおもいます


中華大通りから市場通りへ入り、関帝廟通りとの交差点にある
アクセサリーのお店「横濱 凸凹堂」(よこはま・でこぼこどう)さんですぅ〜


f0109989_22135467.jpg
横浜中華街ホームページで紹介されている 横濱 凸凹堂 さん


一見すると中華っぽい外装にインテリアだから
中華雑貨のお店かな〜なんて思うよね
ところがどっこい
凸凹堂さんはパワーストーンを中心に取り扱うアクセサリー屋さんなのだ


お店には可愛らしいパワーストーンのアクセサリーがいっぱい!
お休みの日には地元の人から観光客まで、大にぎわいなんだよ

よいこはパワーストーンは好きかな?

家元はかつて、知り合いの方から可愛い水晶のブレスレットをいただいて
それをずっと身につけていたんだ
だけど、あんまり過激な現場でずっとつけていたら
ついに糸が切れてしまったようで、気がつかないうちに紛失してしまったのだ

何年もたいせつにしていたから、その時はとても悲しかったけど
パワーストーンはそうやって
身代わりになって悪い事を遠ざけてくれるんだよって
お友達が教えてくれたんだ
だから、ブレスレットさんどうもありがとう!と思ったね

そこで、新しい水晶のブレスを買いたいな〜と思っていた時に
何気なく入ったのがこの凸凹堂さんだったというわけだ


2年ほど前に凸凹堂さんで買って以来ずっと身に付けているのがこのブレス
f0109989_2221135.jpg


シンプルでいいでしょ?
たしか3、4千円くらいでした
つい先頃、ゴムが汚れて弱くなっているような気がしたから
ちょいちょいっと直してもらったんだ〜


で、今回は
家元のばあやの古い水晶のネックレスがバラバラになってしまったものを
なんとかブレスレットにできないかな〜と思って
凸凹堂さんに相談してみたのだ


凸凹堂さんは、ブレスの加工も快く引き受けてくれるんだよ
それもメチャクチャ格安なのだ!


今回は、バラバラのこの水晶を
f0109989_22235967.jpg


ばあやの分とおそろいで2本作りたいとお願いしたら
ゴム代が2本分で157円、プラス加工料1本315円 x 2
持ち込みなのに、ナント2本で787円でオッケィ!
うれしい〜!!!

その上、デザインの相談にも乗ってくれて
そのままでは寂しいから格安セールになっているシンプルなブレスの玉を
組み合わせたら?と、これまた493円のブレスを選んでくださった


f0109989_22273220.jpg
この小さな玉と持ち込んだ水晶を組み合わせてできたのが
コレです

f0109989_22281782.jpg



ステキでしょ
この日はお店がちょっと混んでいたけれど、すぐに作ってくれて
作りながらサイズやデザインの相談もできて
ほんの5分か10分で「はい、どうぞ!」

これで2本分トータル1280円ならお値打ちだよね!


(ちなみに、お値段は2010年5月15日現在のものです
それから加工にかかる時間はその時の混み具合によって変わるから
その都度確認してね)


凸凹堂さんには可愛らしいパワーストーンのアクセサリーがたくさんあって
壊れた時もすぐに直してくれるってことは知っていたけれど
持ち込みのストーンをこんなにお手軽に加工してもらえるとは知らなかった


このお値段なら、同じ石でデザインを変えて作ってもらうのも
気軽にお願いできるよね

というわけで、可愛い色のキッズブレスがあったので
先々他の石と組み合わせようとおもって買いました


ピンクと白で、キャッツアイになっているんだよ、441円也
f0109989_22315510.jpg



よいこのタンスの引き出しにも、パワーストーンの
壊れたネックレスやブレスレットが眠っていないかい?
「ストーンは気に入ってるんだけどな〜」「いつか直そう」
なんて思っているパワーストーン・アクセサリーがないかな?

もしあったら、是非凸凹堂さんに相談してみるといいよ

親切に考えてくれるし、手持ちのものがハンパだったり
足りなかったり、デザインを楽しみたい場合には
凸凹堂さんで売っているたくさんのパワーストーン・アクセサリーから
好きなものを選んで組み合わせてもらえるから、すっごく楽しい

もちろん高価でステキなアクセサリーから選ぶことだってできるよ

お店に並んでいるたくさんのキラキラ・パワーストーン・アクセサリーは
そのままでとってもナイスだけど
自分の好みで組み合わせてもらうこともできるというわけなのだ〜ワクワク


なんと言っても、パーツ代(ブレスならゴム代)と
加工賃の安さにはお店の自信を感じるね、良心的!
その上親切ていねい、お仕事が早い!


f0109989_22393782.jpg



というわけで、すっかり満足した家元
またタンスの引き出しをゴソゴソやって
きれいな石を発見したら凸凹堂さんでブレスにしてもらおーっと

よいこも、お気に入りのパワーストーンを身につけて
お守りとお洒落の一挙両得、おすすめだよ!


じゃ、今日はこれにてバイッ!



f0109989_22391680.jpg







凸凹堂を展開する(株)タンザワさんのホームページ
お店は全国にあるみたい、よいこのお住まいの近くにも???
(株)タンザワ
(株)タンザワさんのホームページにある 横濱 凸凹堂 さんのページ
横濱 凸凹堂
[PR]
by kuronekoyuya | 2010-05-15 22:55 | 横浜/神奈川/静岡 | Comments(6)

チェンジ伊豆2000!イズノスケ物語の巻/後編





ポカポカ陽気もおわって
いきなり真冬の寒さがやってくるんだって!
ブルブル、よいこは体調管理に気をつけてね


さて


前回に引き続き、チェンジ伊豆2000なマスコット
イズノスケ物語の後編だよ

チェンジ伊豆2000・・・どこかで聞いたような・・・
そうそう、誰かさんもよく言ってたよねぇ「チェ〜ンジ!!」
でもイズノスケは2000年に、もうチェンジだったんだもんね
こっちが早いぞっ


前編では家元自慢のイズノスケ・コレクションをお披露目したけど
イズノスケにはグッズばかりじゃないんだよ


あの国民的大歌手、三波春夫さんが唄う「イズノスケ音頭」を知らなきゃ
ほんとうのイズノスケ・マニアとは言えないね


「イズノスケ音頭」にのせて、当時オンエアな30秒CMがこれ!


温泉で(ア・ソレ)心の中から イキカエル
f0109989_0422143.jpgf0109989_042346.jpg


ここはどこ「あらハワイ」かと マチガエル(マチガエル)
f0109989_0425685.jpg


伊豆の旅 思い出いっぱい モチカエル(ア・チェンジ)
f0109989_0431187.jpgf0109989_0432571.jpg


ワーカガエル ワカガエル 何はともあれ ワカガエルー
f0109989_0434988.jpgf0109989_0441091.jpg


「新しい伊豆で待っています チェンジ伊豆2000!」
f0109989_0453119.jpg



すごいなぁ〜、こんなCMやってたの
よいこは知ってた?
家元、知らんかったよ
誰か、おねがいだから YouTube にアップしてください


「イズノスケ音頭」は三波春夫さんのベストアルバムに
収録されているよ
歌は三波春夫とイズノスケ合唱団だっ


三波春夫 全曲集 -富士山-
f0109989_0555622.jpg
「チャンチキおけさ」などの名曲から注目の最新作
「イズノスケ音頭」までを収録した全20曲のコレクション
60年以上の長いキャリアのなかで築き上げた、
親しみやすい三波節が堪能できる・・・とあるよ


よいこは三波春夫さんをあなどっちゃいけない
家元は三波春夫さんのCDを何枚も持っていて
時々聞いては「素晴らしい!」と感動を新たにしている

特に三波さんが確立した歌謡浪曲は
彼にしか表現できない美しさ、かっこよさがあるねぇ〜

そんな三波春夫さんとイズノスケ合唱団が唄う
「イズノスケ音頭」が素晴らしくないわけがない

「イズノスケ音頭」にはちゃんと振り付けがあるから
よいこはイズノスケ下敷きを見てよく勉強しておこう


そしてもう1つ


イズノスケには電車もあったのだ


イズノスケ号
f0109989_16051.jpg


これは伊豆急行100系電車という車両で
ウィキペディアによると、
「伊豆観光キャンペーンの一環として、キャラクターである
イズノスケを先頭車前面、中間付随車の側面に描いた
イズノスケ号として運転された」そうだ

乗りたかったなぁ〜イズノスケ号


1999年12月31日から2001年1月1日まで開催された
「伊豆新世紀創造祭-チェンジ伊豆2000」
もう1つのスローガンは「伊豆ワカガエル大作戦」

f0109989_1115829.jpg


温泉でワカガエル
おいしい料理でイキカエル
思い出いっぱいモチカエル
いっそのことスミカエル


なんと素敵なスローガンなんでしょう!


2000年は伊豆へ行けばいつでもイズノスケに会えたし
あちこちでグッズも売っていたし
ほんとうに楽しい一年だった


しかし


家元1つ重大な勘違いをしていた

イズノスケは伊豆のマスコットなのだから
キャンペーンの年が終わっても
未来永劫ずっと会えるものだとばかり思っていたのだ


ところが・・・


キャンペーン年が終わり明けて2001年になると

イズノスケはパッタリその姿を消してしまったのです


今では、たま〜に看板などで
がんばっているイズノスケを見かけることもあるようだが
その数は激減、グッズはもう全然売っていない


一流のクリエイターの方々の手によって、
そして静岡県と地元伊豆の方々の情熱によって生まれた
こんなに可愛らしくて人気者なマスコット・イズノスケは
どうしてずっと伊豆のマスコットでいることができなかったの?

そして「イズノスケ音頭」は?

伊豆では今でも、毎夏「イズノスケ音頭」で
盆踊りを踊っているんだよね?
え?ちがうの?


そのあたりには
よいこの理解をはるかに超えた「大人の事情」があるらしい


それでも、いつの日にかイズノスケが
伊豆に返り咲いてくれる日が来る事を
家元は心から願っています


あの全国区的に大人気な彦根城の「ひこにゃん」も
いろいろな「大人の事情」を乗り越えて
ずっと彦根城とともに愛されるキャラクターとなったじゃないか
そして今はなんと、ひこにゃんの使用権は
ちゃんとした申請手続きをすればタダ、無料なんだよ


イズノスケの「大人の事情」をなんとかできる人!
伊豆のみんなに、そして全国のイズノスケ・ファンに
イズノスケを返してください!おねがいします!



      イズノスケ〜、カムバ〜ック!!

f0109989_2305340.giff0109989_2311791.jpg




家元のイズノスケ物語は、とりあえずこれにておしまい!
一日も早くまたイズノスケに会える日をたのしみに・・・
よいこも、おともだちにイズノスケのことを言いふらして
イズノスケ・ブームを再燃させようね


そして


日本が世界に誇る素晴らしい観光地

   伊豆をもっともっと盛り上げよう〜!





じゃ、今日はこれにてバイッ!





↓イズノスケ号をもっと見たいよいこはクリック Go!
伊豆急ファン イズノスケ号
↓ありし日のイズノスケを見たいよいこはクリック Go!
イズノスケ探検隊
↓三波春夫さんについてもっとしりたいよいこはクリック Go!
三波春夫 @ Wikipedia

↓ひこにゃんの「大人の事情」についてもっとしりたいよいこはクリックGo!
ひこにゃん @ Wikipedia
「使用中止問題」というところを見てね
[PR]
by kuronekoyuya | 2009-12-13 02:51 | 横浜/神奈川/静岡 | Comments(6)

チェンジ伊豆2000!イズノスケ物語の巻/前編




よいこのみんな
うかうかしてたら一週間以上のご無沙汰ごめんなさいまし

今日の関東地方は雨、雨、雨
でも明日の土曜日はお天気が回復、
その上ポカポカ陽気になるらしいよ
この冬最後の暖かい週末・・・になるかもしれない
来週は寒さが強力になるみたいだから
よいこは明日の土曜日をたのしもう!

さて

家元、記事をアップできなかったのは
なにも忙しかったからというわけではない
むしろドひま

どうも新しく書くことが思い当たらなかったというだけだ

というわけで
今日は前々から書きたいと思っていたことについて
本腰を入れてご紹介するよ

それはもちろん、家元にとってトップを争う
お気に入りキャラクター


イズノスケ


f0109989_1743882.jpg




でございます


イズノスケは、1999年12月31日から
2001年1月1日に開催された
「伊豆新世紀創造祭-チェンジ伊豆2000」のマスコット

キャラクター・デザインをしたのは元電通、
現(株)西岡ペンシルの西岡範敏さんだ

そしてもう一人、イズノスケの生みの親である
同じく元電通で現慶応義塾大学教授、
メディア・クリエイターの佐藤雅彦さん

地元伊豆戸田村ご出身の佐藤さんは、
イベント全体の全国への情報発信にあたり
準備段階から「静岡県ゆめ未来アドバイザー」として
広報宣伝活動やその戦略にかんする様々なアドバイスを
行われたそうです

佐藤さんはまた、今流行りの「ゆるキャラ」の元祖ともいえる
「ポリンキー」「バザールでござーる」のほか
「団子三兄弟」の作詞とプロデュースもなさった
素晴らしいクリエイターなのだ〜


もちろんキャラクター・デザインをなさった西岡さんも
広告キャンペーンやCD/DVDジャケットデザインなども手がけ
数々の賞を受賞なさった凄腕デザイナーだよ


そんな一流の人々の手によって、
そして静岡県の「伊豆を盛り上げよう!」という情熱から生まれた
イズノスケは、県の記念すべきイベント「チェンジ伊豆2000」の
マスコット・キャラクターとして大活躍したのだ〜



f0109989_15403320.gif




家元とイズノスケとの出会いは2000年のある日
箱根近くのドライブインで
ポスターとライターを発見したときにさかのぼる

そして同じく2000年のある日、伊豆高原の駅前で
シールをもらったことをきっかけに
コレクター魂に火がついた!


思い起こせば

一人一枚しかもらえないシールを同行の各自にもらわせて
すべてを奪ったり、変装して何度ももらったり、
あの手この手でシールをゲッツしたものだ・・・(遠い目)



それではここで
家元自慢のイズノスケ・コレクション、どぉ〜んとレッツゴー!



と、その前に

家元のイズノスケ・コレクションには
伊豆のご出身であるお友達の強力なバックアップがあった
レアなグッズをはじめ、たくさんのグッズを譲っていただいたのだ

また、静岡県にゆかりのあるお友達からも
いくつかのグッズをいただいた

JE さま、N さま、ほんとうにありがとうございます
いただいたグッズはこうしてみんな元気にしちょります
一生大切にします〜



イズノスケ・ペナント
f0109989_15413891.jpg
これ、ペナント?旗?
家元の部屋のドアを長いこと飾っていてくれました
汚れてきちゃったので今は大切にしまってあります
(でも予備もあり、へへへ〜)



イズノスケ手ぬぐい
f0109989_15433318.jpg
イズノスケ音頭の歌詞が書いてあるよ!
そして随所に小さなイズノスケが踊っている絵がいっぱい
(未開封の予備もいくつかあるよ、へへへ〜)



イズノスケ・ストラップ各種
f0109989_15452171.jpg
携帯ストラップや首に下げるやつとかいろいろ



イズノスケ缶バッジ・ピンズ
f0109989_179842.jpg
基本でしょ?



イズノスケ・ホイッスル付きキーホルダー
f0109989_1547828.jpg
緊急事態でもイズノスケ・ホイッスルがあれば安心だね!



イズノスケ根付け三兄弟
f0109989_1548476.jpg
和服姿にもピッタリ、紫の紐がシックな根付け



イズノスケ・キーボルダー三兄弟
f0109989_15533280.jpg
これも基本のキーホルダー
キーホルダーにはお辞儀してるイズノスケとか
可愛いのがもっといっぱいあったみたいだよ



イズノスケ・ペン各種
f0109989_15553098.jpg
たくさんあるよ



イズノスケ・シール&ステッカー
f0109989_15561967.jpg
シールには小さなイズノスケがいっぱい
何枚も持っているけどもったいなくてとても使えないよ〜



イズノスケ財布
f0109989_15575420.jpg
これはおすすめだね
イズノスケがよいこの小銭を守ってくれるよ!


イズノスケ下敷き
f0109989_15591174.jpg
表にはイズノスケのドアップなお顔
裏には「イズノスケ音頭」の歌詞と振り付けが付いているよ
イズノスケ・マニアならイズノスケ音頭を踊れなきゃね
これさえあれば振りを忘れても安心だ



イズノスケ傘
f0109989_161236.jpg
どーだ!参ったか〜なレア・グッズ、イズノスケ傘
すごいでしょ〜

f0109989_1615649.jpg
小ぶりだけど、もちろんちゃんとさせます



イズノスケ・マスコット
f0109989_1625397.jpg
家元が特に可愛がっているのがこのマスコット
でも1個しか持っていないので
鞄につけるのは中止しました、クスン



イズノスケ鈴付きキーホルダー
f0109989_17322551.jpg
ちりり〜ん♪



イズノスケうちわ
f0109989_17331611.jpg
涼しげな団扇は夏の風物詩!



イズノスケ・ぷにぷにマスコット
f0109989_1734475.jpg
プニプニにいやされるよ〜



イズノスケ・ビニール袋
f0109989_1735329.jpg
イズノスケ・グッズの収納のピッタリなビニール袋


そして


愛用イズノスケTシャツ
f0109989_1737345.jpg



背中には可愛いイズノスケの伊豆の旅之図が・・・
f0109989_173872.jpg



胸に輝くイズノスケ・フェイス!
f0109989_17385139.jpg




はぁはぁ、ゼイゼイ、もう息切れしてきたよ
つ、つづきは次回・・・


家元のイズノスケ物語おたのしみにぃ〜
今日はこれにて、バイッ!





↓佐藤雅彦さんについてもっとしりたいよいこはクリック Go!
佐藤雅彦 @ Wikipedia
↓西岡範敏さんについてもっとしりたいよいこはクリック Go!
西岡範敏 @ Wikipedia
[PR]
by kuronekoyuya | 2009-12-11 19:06 | 横浜/神奈川/静岡 | Comments(2)

ドアラの箱根大作戦の巻 最終回




ドアラの箱根大作戦、いよいよ最終回パート4だよ


箱根関所を後にして
杉並木の散策をしたかったし、旧街道も歩いてみたかったが


あいにくの雨・・・
f0109989_18251512.jpg



雨・・・
f0109989_1825486.jpg



ひどい雨・・・
f0109989_18261267.jpg



ということで


またまたタクシーを飛ばしてやってきたのは甘酒茶屋
f0109989_1826594.jpg



「江戸時代初期に創業された箱根旧街道の代表的な休憩スポット
厳しい山越えの中、昔の旅人たちがほっと一息ついた杉皮葺きの茶屋」
とあるよ(箱根フリーパス割引対象施設、甘酒1杯50円引き!)


このあたりは箱根の峠を越える旅人のための茶屋がたくさんあって
にぎわっていたらしい
今はこの甘酒茶屋1軒が残るだけ・・・


なるほど、江戸時代にタイムスリップしたかのような店内では
f0109989_18313180.jpg



囲炉裏の火が暖かく迎えてくれるよ〜ポカポカ懐かしい囲炉裏の香り
f0109989_18321072.jpg



甘酒は自然な甘味だけで造られた安心な飲み物
f0109989_18352071.jpg



身体もあたたまるし、ショウガを入れたりいろいろな飲み方も楽しめる
甘酒茶屋のオリジナルおみやげ甘酒の素もあるよ〜


うぅ〜ん
この独特な雰囲気は雨ならではともいえるぞ
ここ甘酒茶屋は雨の箱根路にもピッタリくる
落ち着いた、鄙びた雰囲気があっていいなぁ〜



なになに?

「甘酒茶屋の付近は江戸時代、
赤穂浪士の一人である神崎与五郎が吉良邸討ち入りに向かう途中
ここで馬子にいいがかりをつけられ、大事の前であったため
馬子に詫証文を書いたという 忠臣蔵「甘酒茶屋」のくだりとして
講談、戯曲で有名・・・」



f0109989_18354020.jpg



おぉ!
これは忠臣蔵のワンシーン?


と、おもいきや
甘酒茶屋の隣にある旧街道資料館の展示だよ


家元とドアラが訪れたとき、旧街道資料館は何故か真っ暗で
入場をチェックされることも無く・・・つまり無人・・・

奥の展示スペースはほんのり明かりが入っていたとはいえ薄暗くて
いったい入って良いものやら、迷ってしまったよ

でも開いているみたいだったから
とりあえず入って展示をたのしんだ、誰もいなかったから無料でした



箱根の山は天下の嶮〜♪
箱根旧街道をゆく大名行列の再現ジオラマが!
f0109989_1842466.jpg



あ、あれ?
f0109989_1843843.jpg



よいこはぜったい真似しちゃダメだよ〜!!!f0109989_18434153.jpg




タクシーで山道をゆく間に、旧街道を少しだけ見ることができた
旧街道はとても細くて急で険しい、うっそうとした木々に囲まれた道だった
でも何故か石畳が・・・

この石畳は、皇女和宮が徳川家に嫁ぐ際
急遽敷かれたものなんだって


いっこうに降り止まない雨


こんな日は早めに宿へ戻って温泉をたのしもう!

こんなこともあろうかと
実は家元御一行「豪華露天風呂付きのお部屋」に宿泊していたんだよ


f0109989_18464035.jpg


強羅一の湯さんの豪華露天風呂付きのお部屋は
一泊2食付き諸々込みで一人9600円也
なかなかステキなお値段でしょ?

女将が「いらっしゃいまし〜」と部屋に来たり
男衆が布団を上げ下げしてくれたり、荷物を持ってくれたりは無いけれど
このお値段なら案外気楽に箱根の旅が満喫できるというものだ

お食事も普通に食べられるし
2泊したら夕食も朝食もまったく違ったものを出してくれたよ


塔ノ沢にある一の湯本館は江戸時代を思わせる昔ながらの建物が魅力だ!
f0109989_1852366.jpg


家元は大の「一の湯ファン」なのだ〜!


ドアラも一の湯が大好き
f0109989_18585813.jpg



露天をたのしんだよ
f0109989_18593798.jpg



いい湯だな〜♪
f0109989_190335.jpg




お天気が悪かったのがちょっと残念だけど
一日目に晴天、二日目には雨と、箱根の多彩な表情を楽しめた旅とも言える


また季節が変わったら来るからね〜バイバイ箱根 @ 箱根湯本駅
f0109989_1954942.jpg




ドアラの箱根大作戦、最後まで読んでくれてどうもありがとう!

台風が過ぎてから一気に秋が深まったような気がする
そろそろ冬支度しないとね
風邪やインフルにも気をつけてね

よいこは元気な連休をお過ごしくださいまし〜♡





↓箱根ナビで紹介されている甘酒茶屋
おススメ情報 甘酒茶屋
↓箱根フリーパスで紹介されている旧街道資料館
旧街道資料館
↓箱根で、お手軽に泊まるなら一の湯だよ!
一の湯グループ
[PR]
by kuronekoyuya | 2009-10-11 00:06 | 横浜/神奈川/静岡 | Comments(4)

ドアラの箱根大作戦の巻 その3





こんにちわ〜

f0109989_17215036.jpg




台風一過、東京は午後にはもうよいお天気だった

昨晩から朝方にかけては、物凄い風が吹き荒れていたけれど
よいこのおうちは大丈夫だった?
首都圏では朝の通勤時間が暴風雨の直撃を受けて
電車が止まったりしていたけれど、よいこは怪我なんかしていないよね?

東北地方のよいこは、これからも警戒が必要だよ

家元んちは古いから
家や家の周りの吹き飛びそうなものを警戒しておいたんだ
おかげさまで、なんとか無事だった〜


さて


今日はドアラの箱根大作戦パート3
2日目、2009年10月2日のお天気は
まぎれもない雨!雨!雨!


せっかくフリーパスを3日分買ったんだけど
この雨ではタクシーを利用した方がよさそうだね


ということで


今日の目的地は箱根関所だよ


宿のある強羅からタクシーで行ってみたら4000円ちょっとかかった
4000円と言うとかなりの金額だけれど
5人で乗車しているから、それほどでもないね




関所の手前にあるオルゴール館にてオルゴールざむらい(?)とパチリ
f0109989_17283374.jpg




それでは早速、関所へ入ってみましょう
f0109989_17294849.jpg



無事、通してもらえるかな?
f0109989_17301885.jpg



まずはあたりの様子をうかがって
f0109989_17304789.jpg



ドアラ丸でござる
f0109989_17312230.jpg



あやしいやつ、牢屋に入れてしまえ!
f0109989_17315183.jpg



わーん、けっしてあやしいものじゃないよ!
f0109989_17325475.jpg



え〜い、こうなったら
f0109989_1733281.jpg



関所やぶり!
f0109989_17335775.jpg


なんてね

箱根の関所といえば
「入り鉄砲、出女」を取り締まったと思いがちだけれど
実際には入り鉄砲が取り締まられた記録は無く

かわりに、女の人の取り調べはとても厳しくて
着物は元より、髪の毛の中まで髷をほどいて
手紙を隠したりしていないかチェックされたそうな

「人見女」と呼ばれる、関係者の奥さんなどが
そうした女の旅人の調べにあたったそうです

関所を通らず山越えしようとする人もいたらしいけど
関所破りは重大な罪で、つかまれば磔(はりつけ)だ

しかし実際に磔の刑に処された人は
250年の関所の歴史上でもたったの6人
多くは見つかっても「道に迷った」ことにして
追放で済ませてあげていたそうです


関所の資料館で展示や説明を見たよ


資料館は小さいけど、関所のことがとてもよくわかります
f0109989_17402858.jpg




よかったね〜江戸時代じゃなくて、関所やぶりなドアラはホッとしてる
f0109989_175058.jpg



関所あたりでは運良く雨が小ぶりになっていたけれど
見終わる頃には、また激しく降り始めた

これでは予定していた杉並木の散策は無理っぽいなぁ〜残念



晴れていれば、こ〜んな気持ち良い景色の中を
森林浴しながら歩けたのに・・・
f0109989_17525793.jpg




この後は、また車で旧街道ぞいを走り甘酒茶屋まで行きます・・・が

続きは次回のおたのしみ、今日はこれにてバイッ!




f0109989_17545627.jpg





箱根関所のウェブサイト





↓箱根関所についてもっとしりたいよいこはクリック Go!
箱根関 @ Wikipedia
[PR]
by kuronekoyuya | 2009-10-09 04:19 | 横浜/神奈川/静岡 | Comments(2)

ドアラの箱根大作戦の巻 その2




よいこのみんな
急に寒いよぉ〜ブルブル

風邪やインフルには気をつけようね
家元ももうすぐお仕事が始まるから気をつけているよ


さて


とつぜんあらわれた案内ネコ・・・

f0109989_1573468.jpg




今日は前回の続き
ドアラの箱根大作戦パート2であります



「こっちだよ〜」
f0109989_1581081.jpg



と言われるままについて行ったその先は・・・
f0109989_1591535.jpg



な、な、なんと


スワンの墓場だった〜!
f0109989_1595797.jpg



ボロっちくなったスワン・ボートが、たくさん打ち捨てられている〜



ここにはスワンの首が・・・!
f0109989_202513.jpg

これって、「生えてる」ってわけじゃないよね
やっぱりスワンの墓場にちがいないっ



ドアラもボーゼン
f0109989_211442.jpg




そうこうするうちに、海賊船の出航時刻になりました
f0109989_215729.jpg



今日の船は「バーサ号」
f0109989_223890.jpg



さっそくデッキへあがってみます
f0109989_231339.jpg



海賊さん、こんにちわ〜
f0109989_233080.jpg



ロープに登れば、ドアラも気分はパイレーツ
f0109989_235641.jpg



こちらは操舵室、かっこいいねー!!
f0109989_243559.jpg



きれいな景色に、しばし見とれます・・・
f0109989_25331.jpgf0109989_26437.jpgf0109989_262220.jpg



おっと


そろそろ夕焼けの時間
ロープウェイで宿へ帰らなきゃいけない時刻だよ
f0109989_265256.jpg




さよなら芦ノ湖さん、今日はお天気でほんとうによかったなぁ〜
f0109989_282662.jpg






f0109989_291278.jpg





次回はパート3、箱根関所を越えるよ!
おたのしみに〜
[PR]
by kuronekoyuya | 2009-10-07 02:17 | 横浜/神奈川/静岡 | Comments(6)

ドアラの箱根大作戦の巻 その1





よいこのみんな

お天気が長続きせず
また雨になりそうなんだけど・・・

家元とドアラは10月1日〜3日まで箱根の旅をたのしんできたよ


ということで


今日から連載で旅のリポートをおおくりします


今回は箱根登山線、箱根登山電車、登山バス、ケーブルカー、
ロープウェイ、そして芦ノ湖海賊船などが乗り放題になる
フリーパスを購入しました

これは、いちいち切符を買わなくて良いし便利でお得だよ


出発前は「雨、雨、雨」な天気予報だったから
かなり不安な気持ちだったのだけれど


箱根湯本駅から登山電車で強羅駅に到着したら
と〜っても良いお天気!
f0109989_23591820.jpg



これは今日中に景色を楽しもうということで


さっそく駅で荷物を預けてケーブルカーに飛び乗った
f0109989_23595472.jpg



早雲山でロープウェイに乗り換えだ〜
f0109989_002472.jpg



見て見て〜!ロープウェイの景色は最高
f0109989_031843.jpg



あっちも
f0109989_034376.jpg



こっちも
f0109989_044169.jpg



下には、くねくね山道を車が走っているのが小さく見えるね
f0109989_053227.jpg



いよいよ大湧谷
f0109989_06885.jpg



大湧谷の景色はロープウェイのハイライトなんだよ
f0109989_063992.jpg



大湧谷でロープウェイを降りて記念撮影、パチリ
f0109989_071919.jpg



噴煙のちかくをハイキングしたいところなのだけれど
今日は駆け足で芦ノ湖まで行かなくちゃ


さらにロープウェイを乗り継ぐよ〜
f0109989_084918.jpg



すれちがうロープウェイに手を振るのも旅の醍醐味だぞ
f0109989_11579.jpg



そうこうするうちに芦ノ湖が見えてきたよ!
f0109989_122858.jpg



桃源台駅到着、目指すは海賊船なのだ〜
f0109989_132424.jpg



と思ったら、停泊中だった船には乗れず
次の船まで40分程待つことになった
f0109989_145197.jpg



美しい景色をたのしんでいると・・・
f0109989_152290.jpg



とつぜん、どこからともなく案内ネコが・・・
f0109989_155135.jpg



「こっちだよ〜」
f0109989_161869.jpg




案内ネコについていったドアラはとんでもない場所へ・・・

続きは次回のお楽しみだよ!





↓箱根での移動、交通、フリーパスのことならこちら
箱根ナビ
[PR]
by kuronekoyuya | 2009-10-05 01:13 | 横浜/神奈川/静岡 | Comments(6)

号外 朝 取り、生しらすキューピー!/またまた江ノ島の巻





よいこのみんな!
記事「Heart & Soul の巻」はもう読んでくれたかな?
今日は号外ニュースがあるので、もう1つ記事をアップしちゃうよ〜




家元は13日の月曜日早朝東京を発って松本へお仕事に行くんだけど
行ったら2週間は帰れない

なので今日はちょっと遠出を・・・

と思いきや、またまた江ノ島へ行ってきた


というのも


あの 朝 取り、生しらすキューピー 欲しさに出かけたのだ


早速その速報をおとどけするよ!



今日も江ノ島は「しらす日和」
f0109989_235547.jpg



ここにも
f0109989_2363659.jpgf0109989_236538.jpg



あそこにも
f0109989_2372549.jpgf0109989_2375177.jpg



しらすだらけと言って過言ではない、しらす絶好調!



これだけ見せつけられると
やっぱりちょっと味わってみたくなるのが人情だよね

そこで家元、今日は「朝獲れ新鮮!生しらす」を食べてみたよ
f0109989_23111840.jpg



こりゃいいね!
生しらすを小さなお皿に盛ってショウガをそえて
生しらすにおいしい醤油だれをかけてくれるんだよ
f0109989_23131816.jpg



道々しらすを食べながらすすむと
岩本楼の前に何やら人だかりが・・・


なにかと思えば


ネコ激写中!
f0109989_23142069.jpg



ヒェー!ネコの激写かいな!と、びっくりしながらエスカーに乗って


おめあてのお店は、サムエル・コッキング苑入り口横の階段をおりれば
もうすぐそこだ!


あった
f0109989_23153572.jpg



ついにゲット!朝 取り、生しらすきうぴー!!


こんなんです
f0109989_23161495.jpg




他にも、江ノ島はしらす島と呼びたいくらい
しらすにちなんだものがいっぱいあるんだよ


しらすあげせん、しらす@せんべい?
f0109989_23174880.jpg



しらすパン、しらすさつまあげ
f0109989_23185550.jpg



しらすチップ
f0109989_23193451.jpg



そのわりに、しらすきうぴーを売る店が一軒しかないとはこれいかに?
あの店の独占商品なのかな?
そういえば、その店の奥には「世界の貝」が展示されているんだよ
家元はあまり見たくないけどね、興味のあるよいこは無料だから見てください




で、そんなに島をあげて「しらす」を強力プッシュするのなら
他の店も「しらすきうぴー」に負けずに



こんなTシャツだけじゃなく
f0109989_23214938.jpg



朝 取り、生しらす


とか


生しらすあります


って書いたTシャツを売ればいいのに・・・とおもったのはおでだけ?



本日のニュース速報でした
じゃ、今日はこのへんでバイッ!
[PR]
by kuronekoyuya | 2009-07-11 23:46 | 横浜/神奈川/静岡 | Comments(13)

朝 取り、生しらす!/江ノ島の旅ふたたび の巻




よいこのみんな!
気がつけばものすごいお久しぶりだけど
お元気でお過ごしかい?

この春、ヒマすぎてじたばたしていた家元に
突然のガツ〜ンなお仕事テンコ盛り

ビックリするやらアタフタするやら
嬉しい悲鳴をあげちょります

しばらくは記事がとどこおっちゃうけど
よいこのみんなを忘れたわけじゃないからね
ときどきは遊びにきてみてね


そんなわけで


今日はご挨拶がてら、先日の江ノ島の旅の写真をご紹介しよう!


連日真夏日が続いていた最中、突然おとづれたブルブルな曇り空
f0109989_22364739.jpg



やってきましたよ、江ノ島へ


今日ははじめてサムエル・コッキング苑へ入ってみたよ
いい眺め・・・曇ってるけどね
f0109989_22381030.jpg



サムエル・コッキング苑へ入るには200円かかるんだけど
なかにはロン・カフェという見晴らしの良い喫茶店があるよ
混んでいたので立ち寄らなかったが、フレンチ・トーストが美味しいらしい


ロン・カフェ


今日はおともだちのヨっちゃんと一緒だよ
ヨっちゃんは初江ノ島だから、盛り上がるね〜


サムエル・コッキング苑には珍しい植物がいろいろあるんだよ
どこかの惑星にありそうな不思議な巨大植物や
f0109989_22421960.jpg


竹ですけど、なにか?
f0109989_2242375.jpg



ドアラちゃん、ヨっちゃんに写真を撮ってもらってゴキゲンだよ〜
f0109989_22443587.jpg



ところで


よいこのみんなは岩屋へいったことがあるかい?
岩屋はちょうど島の向こう側にあって、大海原が見渡せるナイスなスポットなんだよ

岩屋の中へ入るにはまたお金をとられるから
貧しい家元は、今日はパス


でも岩屋まで行けば、こ〜んな景色がたのしめるんだよ〜
f0109989_2247866.jpg


今日は海が荒れていて船が止まってた
f0109989_22461782.jpg


岩屋のあたりには命しらずな若ものたちが・・・
f0109989_22481052.jpg


バカもの・・・
f0109989_22482620.jpg



ちょっと休憩
f0109989_22491053.jpg



江ノ島のてっぺんまでは
エスカーという普通だけど有料なエスカレーターでラクラクだが
船が止まってしまったので帰りは岩屋から、徒歩で山越えしてゆくことに


曇っていたけど、さすが江ノ島!富士山もみえたよ
f0109989_22522319.jpg
f0109989_22532122.jpg



江ノ島にかぎらず、あのあたりでは生しらすが有名
どの食べもの屋さんにも生しらすがあると言って過言ではないほどだ
ちなみに、ヨっちゃんと家元はお昼に生しらすピザを食べたぞ!


生しらすといえば


岩屋からフゥフゥ階段をのぼってゆく途中に
あやしいお土産屋が・・・
そこにあやしいキューピー・・・


朝、取り 生しらすキューピー?
f0109989_22542416.jpg



パッケージには「しらすキューピー」ってかいてあるんだよ
「朝取り生」っていうのは・・・食べ物じゃないんだし・・・


と突っ込みながらも、500円だしな〜、とか
あやしいよね〜、とか

ブツブツ言って通り過ぎ


でも心の中では「あとで買おう!」って思ってたの


そしたら、なななななナント


参道の大きなお土産屋さんには「朝、取り 生」はおろか
「しらすキューピー」なんてどこにも売ってないんだよ!


お店の人も「サザエならあるんですけど・・・」と困惑気味


じゃ、あの「朝、取り 生しらすキューピー」は
あやしい土産屋オリジナル?

こんなことならあそこで買っておけばよかった


もうあの階段をフゥフゥ行くのは無理
f0109989_22591524.jpg



泣く泣くあきらめました



江ノ島から片瀬への橋で、またきれいな富士山がみえたよ
f0109989_22593215.jpg





よいこのみんな!
江ノ島で「朝、取り 生しらすキューピー」を発見して
もし気に入ったら,その場で買った方がいいよ


じゃ、今日はこのへんでバイッ!



江ノ島ニャンコ(ヨっちゃん撮影)
f0109989_233287.jpg






↓江ノ島についてもっとしりたいよいこはクリック Go!
江ノ島 @ Wikipedia
[PR]
by kuronekoyuya | 2009-05-30 23:15 | 横浜/神奈川/静岡 | Comments(12)


家元おでによる豪華写真集、全国旅日記、趣味の世界が全速力で炸裂!懐かしの昭和的世界カテゴリR45もあるよ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
後藤 仁さま♪コメントあ..
by kuronekoyuya at 11:46
旧岩崎邸等の「金唐革紙(..
by 日本画家・絵本画家 後藤 仁 at 11:41
シャネル財布さま♪ お..
by kuronekoyuya at 04:50
文吾さま♪ コメン..
by kuronekoyuya at 03:02
おで様 快く転載を..
by 文吾 at 00:13
タグ
ブログパーツ
以前の記事
検索
家元のお願い
いらっしゃいまし〜

「おで様流」でご紹介
したお店/スポット情報
は最新でない場合が
あります
ご利用の際は事前に
最新情報についてお問い合わせしてね!

また感想はあくまでも
家元個人の意見です
ご参考までに軽く
受け止めて
くだされ・・・

写真や文章は
個人で見て楽しもうね!

*内容が不可解な
コメント、よいこの
教育上よろしくないと
判断されるコメント、
誹謗中傷を含むコメント
などについては
発見次第削除させていた
だいております・・・
ご了承下さいませ*


ワンちゃんネコちゃん
ペットショップへ行く前に見てね!↓
いつでも里親募集中

ライフボート友の会は
里親さん、ボランティアさんの募集もあり!↓
ライフボート友の会~手を伸ばせば救えるいのちがある~

他にも素晴らしい活動をくり広げている団体があるよ!

ボランティアさんの募集やかわいいグッズの購入で支援ができるシステムもあるから、
よいこは是非一度覗いてみてね♪

日本レスキュー協会
(↑里親募集あり
アニマルレフュージ関西
(↑里親募集あり

支援物資のお知らせは
随時掲載
里親募集もあるよ
がんばるニャンを応援しよう↓

中之島公園の猫たち


クリックするだけで
みんなにかわって企業がいろいろな募金をしてくれるよ!↓



困難な病気と闘う小さな命そして御家族をサポート↓
難病の子供支援全国ネットワーク


<おすすめリンク>

家元お気に入りのコアなリンク集だよ♪
よいこはクリック GO!


<なごみ系>
ギャラリー猫の憂鬱
(↑ギャラリー猫たちの日替わりトピックと写真が見れるよ〜!)
猫ネコ英語
(↑可愛いネコちゃんと実用的な英語がバッチリお勉強できます、毎日見ればペラペラさ!)
Lake Applets
(↑なんだかよくわかんないけど、なごめる)
サーフィン犬バディー
(↑英語だよ、でも写真が超キュートだから見て見て〜!)


<おキモノ系>
おキモノ生活に興味のある方、参考になるよ!
キモノ備忘録
(↑小物もステキ)
豆千代web
着物イメトレ部屋
(↑中身超〜濃し)
小料理ともか
(↑大阪、心斎橋筋の小料理「ともか」さんはお着物姿のステキな女将さんに会える、女性一人でも安心なよいこに優しいお店だよ)


<和&レトロ&カルチャー系>
週刊モガ
(↑日本モダンガール協會主宰の淺井カヨさまは生涯モダンガールをつらぬく美しきアイコン、この方がいる限りモガは永遠なのです!)


明治大正1868-1926
(↑貴重な古写真がいっぱい!)

日本映画資料の小部屋
(↑日本映画ファンなら
必見!素晴らしい資料が満載だよ)

日本珍スポット100景
(↑B級観光地必見!)
東京紅團
(↑文学的/歴史的東京お散歩案内です)

色街の記憶
(↑哀愁の色街写真)
山の上ホテル
(↑存在が伝説)
ヴォーリズを訪ねて
(↑レトロな建物写真)

昭和ロマン美容室
ヘア・サロン夢屋
(↑Funky 60s&70s!)

スワンの涙
(↑ときめきの和洋懐メロ的世界)
DJ タイガー田中の高度成長ミックス
(↑exblog に彗星の
ごとくあらわれた
高度成長ミックス!
昭和の嵐が
吹き荒れるっ)
オンデン70's
(↑ときめきの70年代
ブログはメッチャ充実で
よいこはメロメロだ!)


YouTube Medmickey さんのチャンネル
(↑Medmickeyさんの美しくもカッチョイイ動画は必見 飛行機好きのよいこは迷わずクリック
Go!)


コーヒー・デイズ
(↑素敵なカフェ案内は
生きる道標なのだ!)

中華街ランチ探偵団「酔華」
(↑横浜中華街のことなら
酔華さんにおまかせ!
楽しいトピックが満載だよ)

京都パーフェクトガイド
姐奴の京都おみやげ歳事記
NEW! 姐奴の京都おみやげ歳事記
(↑京都お役立ちサイト
行く前に/行ってからでもチェックせよ!新/旧どちらも必見なのだ)
庵 IORI
(↑で、ここに泊まってみたい)
五条ゲストハウス
(↑現実的にはこっちか、リンクにも注目!)

琉球工房ちゅら
(↑おしゃれな北谷
にある「ちゅら」さん
へ行けば素敵な想い出
の品が・・・
沖縄へ行くよいこは
絶対クリックGo!)


<幕末/歴史系>
幕末維新館
(↑幕末ヲタク必見)
幕末京都
(↑潜入ルポ「寺田屋宿泊」は必見)
竜馬通り商店街
(↑京都伏見)

幕末古写真ジェネレータ
(↑どんな写真でも古写真に一発加工できるよ)

近代日本人の肖像
(↑あの人この人、写真で見れます)
Japan & the Allied Occupation
(↑英語だけど進駐軍時代の写真がいろいろみれるよ!)


<オールド上海系>
駱駝企画室
(↑オールド上海のことなら、迷わずココ!)
大上海糖果號
(↑旗袍(キー・パオ)=チャイナドレスを作りたいよいこは、まずギャラリーで中国服の歴史をお勉強しようね!上海でのオーダーの極意も伝授、他にもステキな写真やコラム満載なのだ)
上海喰う寝る遊ぶ
(↑上記「上海糖果號」主催の王華さんのブログ、お役立ちで楽しいぞ)


<美アート系>
外国語のもメッチャきれいだから見るだけでオッケィ!
Monsieur Z
(↑おフランス語だよ)
Shag
(↑英語だよ)
山本タカト辞典
(↑18禁的世界)

イラスト屋ひぐち制作日誌
(↑新潟を拠点に活躍するイラストレーターひぐちきみよちゃんのホンワカなごみブログ)

えいえもん日記
ながれのかばんやえいえもん
(↑谷根千あたり、心のこもった手作りカバンを自転車で移動販売する、若く美しきえいえもんさんは「ながれのかばんや」なのだ!)


<キャラクター系>
水木しげるの妖怪ワールド
ルパン三世コンプリートファイル
ケロロアイランド
こまねこ

Be My Barbie
(↑バービーちゃんのコレクションがすごい!)
リカ旅ブログ
(↑旅するリカちゃん、連載は終わっちゃったけど過去の日記があるよ、写真もグー!すごいぞ)

赤塚不二夫公認サイト
これでいいのだ!!

(↑とにかく見れ!)


<お笑い系>
流浪の添削ブルース
(↑今すぐ爆笑が必要な人必見だよ、でも18禁)
戦隊な奴ら
(↑君は何レンジャー?)
へなちょこ動物園
(↑へなちょこキャラが
いっぱいでお出迎え
だよ〜!)

カテゴリ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧