おで様流



<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


イギリスが生んだファンタジック・ディーバ/ケイト・ブッシュの巻





彼女は夫を試すことにした
方法は決まっていた
匿名の手紙を届けるのだ

「あなたのバブーシュカ・・・」
手紙に香水を振りかけて、彼女はそう署名した


手紙を読んだ夫は
不思議な喜びに包まれた

・・・まるで「妻」のような・・・
涙にくれる日々を飛び越えた
・・・記憶の彼方の「妻」のような・・・




Babooshka - Kate Bush




彼女はさらに夫を試してみたくなった
そこで夫を誘い出す
見知らぬ女の誘いに、夫は乗ってくるのか?!


彼女を一目見て、彼は「妻」を思い出す
氷のように心を閉ざす前の、
美しく完璧だった「あの頃の妻」

「僕のバブーシュカ!」彼は叫んだ




Never for Ever by Kate Bush / 1980
f0109989_301526.jpg




よいこのみんな、お元気でお過ごしかい?
今日はイギリスのディーバ、ケイト・ブッシュの巻だよ
ケイト・ブッシュについては、あれこれ書くよりも
とにかく曲と動画を楽しんでほしいなぁ〜


ケイト・ブッシュと言えばデヴィッド・ギルモア

当時ピンク・フロイドのメンバーだった
デヴィッド・ギルモアに見いだされたケイトちゃんが
19歳でデビューしたのは1977年のことです



デビューアルバム「天使と小悪魔」はこのジャケットが最高なのだ!
The Kick Inside by Kate Bush / 1977
f0109989_2235638.jpg




そして最初のヒット曲「嵐が丘」、「恋のから騒ぎ」じゃないよ!
Kate Bush Wuthering Heights.




デビュー前にすでにたくさんの曲を作っていたケイトちゃん
ケイトちゃんの家族は彼女の曲のデモテープを
レコード会社に送ったのだけれど、どこにも相手にされなかった

しかし

そのデモテープが
家族の友達の友達だったデヴィッド・ギルモアの耳に届いたことで
彼女のアーティストへの扉が世界に向けて開かれたのでした


とにかくヴィジュアルがステキなケイトちゃんの作品
今日はズラっとご紹介するから
よいこは堪能してくらはい



Kate Bush - Wow




Lionheart by Kate Bush / 1978
f0109989_317757.jpg




80年代に入ると曲だけじゃなく
プロモーションビデオにも抜群のセンスが炸裂するっ



Kate Bush - The Dreaming




The Dreaming by Kate Bush / 1982
f0109989_3181757.jpg




映画のようなストーリー展開!
KATE BUSH hounds of love.




さすが、リンゼイ・ケンプの元で
ダンスやパントマイムを習得していたケイトちゃん、美しいぞぉ〜
K.ATE BUSH RUNNING UP THAT HILL




The Hounds of Love by Kate Bush / 1985
f0109989_3191099.jpg




ブルガリアの風に吹かれて・・・
Kate Bush - The Sensual World



The Sensual World by Kate Bush / 1989
f0109989_3131527.jpg




ズバリ!映画「赤い靴」の世界
ケイトちゃんのミュージック・ビデオじゃないけど
よいこも大好き!映画「赤い靴」の映像を使ったクリップだよ〜
Kate Bush - The Red Shoes




The Red Shoes by Kate Bush / 1993
f0109989_3265514.jpg




そしてアルバム The Red Shoes 以降
長い沈黙期間に入ったケイトちゃんが
2005年、満を持して世に送り出した傑作アルバム Aerial
Aerial by Kate Bush / 2005
f0109989_3335258.jpg




Kate Bush - Aerial



Aerial とは、サーカスなどで繰り出される空中技のことだよ



デビューから30年以上経つことを思えば
決して作品数が多いとは言えないケイトちゃんだが
アルバムはどれも極上の出来であり
色あせることの無いケイト・ワールドを楽しませてくれる


家元はケイトちゃんの曲のストーリーがいつも大好き
そしてそれを美しくヴィジュアル化した PV も大好き



我々は秘密裏に
軍の要請で「音」を作っていた
母親たちの慟哭、恐怖におののく叫び声、
ありとあらゆる人間の声を集めて
殺人兵器となる「音」を作ることが我々の任務

しかし

その計画は恐ろしい過ちだった・・・




kate bush - experiment 4




The Whole Story - The Best of Kate Bush / 1986
f0109989_1135945.jpg




お別れはデヴィッド・ギルモアのギターで Running Up That Hill を歌う
ケイトちゃんの動画です


Kate Bush & David Gilmour - Running up that Hill






↓ケイトちゃんについてもっとしりたいよいこはクリック Go!
ケイト・ブッシュ @ Wikipedia
↓デヴィッド・ギルモアについてもっとしりたいよいこはクリック Go!
デヴィッド・ギルモア @ Wikipedia





日本のファンクラブ・ホームページもあるよ!
Kate Bush Home Page
[PR]
by kuronekoyuya | 2010-01-28 04:19 | ミューズ&ディーバ | Comments(4)

作り帯大作戦、でもどうすればいいの?の巻




よいこのみんな!
今日は暖かかったね〜
でも、また中寒波がくるらしいから油断しちゃいけないよ

家元はお仕事で、ちょっと家を空けるから
その前に最近気になっていることを書いてみようとおもう

それは

子供の頃に使っていた作り帯の改造についてだ〜!


これが胴の部分なんだけど
f0109989_2140863.jpg



柄がかなりお子様でしょ?
でも、地味な着物にならなんとか使えそうな気がするのだ


結び方はふくら雀だったものを、すっかりほどいちゃったよ
f0109989_21405432.jpg



こちらはその裏側
f0109989_21412032.jpg



作り帯にしたいなぁ〜と思ってほどいたのだけれど
考えてみれば・・・

普通のお太鼓にするには柄がお子様っぽいかなとおもうし
そもそもお太鼓部分の幅が狭いのだ

八寸幅にするには、
裏側に付いたオレンジ色の裏地をはがして幅を広げる必要があり
その場合、あらたな裏地をつけなくてはならない・・・
はたしてそんなことが不器用な家元にできるかどうか


実は去年の夏頃にばらしたまま、途方に暮れているのであります


特にお太鼓結びにこだわっているわけじゃなくて
何かこのまま作れる形があればいいなぁと思っています
いっそのこと帯じゃないものに改造するかなぁ・・・

元々そんな高いお品じゃなくて
踊りのお稽古用に使っていた普段モノ
切ったり貼ったりに躊躇はないのですが
さて、どうしたものか


ナイスなアイデアがあったら教えてほしいなぁ〜


それでは、しばしのお別れでありますが
また来週お会いしましょう!
よいこはお元気でね
[PR]
by kuronekoyuya | 2010-01-20 21:56 | お着物生活 | Comments(5)

ラストエンペラーと教授の巻




しばらくご無沙汰しちゃったけど
よいこのみんなはお元気かな?

毎日寒いね

雪や強風にみまわれているよいこはとてもたいへんだと思うけど
身体に気をつけて
怪我したり風邪ひいたりしないように気をつけてね


今宵は映画と音楽の話題を・・・



The Last Emperor / 1987
f0109989_4232590.jpg




ベルナルド・ベルトルッチ監督作品、公開は1987年
同年のアカデミー賞では、ノミネートされた9部門
(作品賞、監督賞、撮影賞、脚色賞、編集賞、録音賞、
衣裳デザイン賞、美術賞、作曲賞)全てを受賞!


なんだかんだ言ってもアカデミー賞の素晴らしさが
まだまだ光っていた時代だよね
家元のテイストにはドンピシャリ、何度見ても魅了されてしまう
まさにツボな映画なのだ


そしてアメリカ映画ではない
(イタリア、中華人民共和国、そしてイギリスの合作)



西太后の指名により清朝最後の皇帝となったプーイーは
わずか2歳にして家族から引き離され紫禁城で即位する



息をのむ、紫禁城を借り切って撮影された即位式のシーン!
f0109989_5441472.jpg



これでもか!と清朝ムード炸裂なお妃選び〜結婚式!
f0109989_5494014.jpg



英語もフランス語もペラペラで
クイック・ステップが踊れる子と結婚して
オックスフォード大学に留学するんだ〜!

小さい頃から紫禁城に閉じ込められて育った皇帝プーイーは
すべての条件を満たす魅力的な女性を得て淡い期待を抱くが・・・


実は


清朝は1912年、プーイー6歳のときすでに滅亡しており
プーイーはじめ皇族は中華民国臨時政府の優待条件として
紫禁城に滞在する事を許されていた、何一つ自由にならない身だったのだ


そしてついに1924年


クーデターがおこり、プーイーとその家族は
紫禁城から退去させられてしまう
f0109989_621375.jpg



小さい頃からあんなに見てみたかった外の世界


しかし


世間知らずのプーイーは
清朝再興を口約束する日本の傀儡政権にかつがれ
利用されてしまう!


満州国皇帝に即位しても
結局は日本人に利用されているだけだと知る皇后は
アヘン中毒に陥り精神をも病んでゆく・・・
f0109989_5565623.jpg



印象的なラストシーン


年老いて一介の市民となったプーイーは
見学入場券を買い紫禁城を訪れる


即位式の時にもらったコオロギの缶を見つけ・・・
f0109989_602084.jpg



いやーおどろいたよね
中からひからびたコオロギの死骸(または佃煮)
が出てくるんじゃないかと、家元、ドキドキしました


日本が誇るアーティスト、教授こと坂本龍一先生が
デイヴィッド・バーンさん、コン・スーさんと共に
アカデミー賞作曲賞を受賞したときは、嬉しかったな〜


このテーマ曲、よいこも大好きでしょ?


The Last Emperor OST - 09 The Last Emperor (Theme)




そして家元は、この曲も大好き


RAIN (trio Live) Ryuichi Sakamoto




教授と言えば、忘れられないのはこの曲だ



Sakamoto Ryuichi - Merry Christmas Mr. Lawrence (Live)



それまで YMO なイメージが強かった教授の
ほんとうの素晴らしさをストレートに感じさせてくれたのが
この「戦場のメリークリスマス」と「ラストエンペラー」の
サウンドトラックだった


さすが教授
どれも、何十年という月日を経て輝きを失うどころか
ますます時代に添うような美しい作品だね


「戦場のメリークリスマス」には
デヴィッド・シルヴィアンさんと合作の歌バージョン
Forbidden Colours があるが、
家元はサラ・ブライトマンさん版をご紹介



FORBIDDEN COLOURS ~ Sarah Brightman




「戦場のメリークリスマス」、「ラストエンペラー」、
そしてたくさんの映画や物語が、
生まれる場所も時代も選べない人間が
生まれた場所と時代に翻弄される姿を描いている

そう

人生には、なんとかなることもたくさんあるけれど
どうすることもできないことだってテンコ盛りなのだ

どうすることもできないことにブチあたって
翻弄されたからといって、特別な事でもなんでもない

むしろ

そんなことにブチあたらない方がよっぽど特別で異常なのだ〜


ブチあたったら

じっと嵐が過ぎるのを耐え忍び待つか!
新たな手で打って出て勝負するか!


いずれにしろ、正しい答えなどはどこにも無い
ただ、人生を創り上げてゆく過程での
よいこ一人一人の「選択肢」があるに過ぎない


2010年

願わくば、よいこの選択の一つ一つが
より自分らしく生きるための一歩一歩でありますように!



The Last Emperor. R.Sakamoto & D.Byrne Soundtrack






↓映画ラストエンペラーについてもっとしりたいよいこはクリック Go!
ラストエンペラー @ Wikipedia
↓ラストエンペラー、プーイーについてもっとしりたいよいこはクリック Go!
愛新覚羅溥儀 @ Wikipedia
↓教授についてもっとしりたいよいこはクリック Go!
坂本龍一 @ Wikipedia
↓戦場のメリークリスマスについてもっとしりたいよいこはクリック Go!
戦場のメリークリスマス @ Wikipedia
↓デヴィッド・シルヴィアンさんについてもっとしりたいよいこはクリック Go!
デヴィッド・シルヴィアン @ Wikipedia
↓サラ・ブライトマンさんについてもっとしりたいよいこはクリック Go!
サラ・ブライトマン @ Wikipedia
[PR]
by kuronekoyuya | 2010-01-15 05:09 | その他トピック | Comments(8)

初詣2010/今戸神社とパンダバスの巻




よいこのみんな!お仕事始めの時期になったね

ところでみんなは初詣は行ったかな?
家元は1月3日に浅草は今戸神社へ行ってきたよ

今戸といえば・・・



f0109989_22142061.jpg

「親分には迷惑かけられねぇ!」
喧嘩の後始末をして故郷へ旅立つ文太兄ぃ
見送るお竜さん、降りしきる雪
遠くに見える凌雲閣・・・
弁当に添えたミカンが雪の上をコロコロと転がる



f0109989_2216349.jpg

そしてクライマックス!
サシの勝負だから・・・と断るお竜さんに
「骨は拾わせてもらいます」と、立ち会い人として連れ添う文太兄ぃ

今戸橋を渡り、二人が喧嘩に向かうのは
ご存知 浅草十二階、凌雲閣だっ


そう、あの「緋牡丹博徒 お竜参上」で有名な
今戸橋でのシーンを思い出す

f0109989_22163269.jpg

浅草をシマとする鉄砲久一家にワラジを脱いだお竜さん
物語の舞台は浅草六区、今は無き凌雲閣こと浅草十二階
そして千束町、ひょうたん池・・・
明治中期の東京下町浅草が存分に見られる
素晴らしい映画なのだ


今戸橋は当時、吉原のおはぐろ溝に通じていた川にかかっていたそうな
実際には、そこから凌雲閣が見えたかどうか疑わしいそうだが、
このシーンには凌雲閣が絶対必要だしなんといっても美しい


くわしくは「着物と映画」
お着物映画ご紹介 / 緋牡丹博徒 お竜参上 を見てね


そんな思い入れのある今戸に今年は初詣してきたというわけだ〜


地下鉄浅草駅からはちょっと離れている今戸神社
年寄り連れの3人だったのでタクシーで、710円也
f0109989_22295178.jpg



ここは招き猫発祥の地の1つと言われ
また浅草七福神の福禄寿さまをおまつりしている
f0109989_22303636.jpg



「沖田総司終焉の地」ともあるけど
その面影を残す物は何も無い

それもそのはず
Wikipedia には「沖田総司を診ていた医者が住んでいた場所」
とあるよ


さて、到着したのは夕方暮れなずむ頃だというのに
f0109989_22324024.jpg



人が列をなしているよ!
f0109989_22321528.jpg



それも、なんだか若者がおおいぞっ
f0109989_2231415.jpg



と思ったら、それもそのはず
ここ今戸神社は縁結びの神様でも有名なんだって


列の先は、縁結びのお守りや絵馬などを売っている社務所へ・・・
f0109989_22331862.jpg



家元はもちろん、縁結びには興味なし
もっぱら招き猫見物に大興奮!


今戸には古くから今戸焼という焼き物が伝わっていて
その今戸焼で作られた招き猫が大人気なのだそうです


昔むかし、今戸界隈に住んでいたあるおばあさんが
貧しさゆえに可愛がっていたネコを手放さなくてはならなくなりました
するとそのネコがおばあさんの夢枕に立って
「僕の姿を人形にするといいよ」とお告げを!
早速おばあさんが今戸焼でネコの人形をつくったところ
大評判になりました - Wikipedia より



社務所の隣の建物の玄関先に
f0109989_22424539.jpg



招き猫がいっぱい!
f0109989_22433714.jpg



ここにも
f0109989_2244530.jpg



なぜかビデオで「招き猫音頭」みたいのをやってたよ
「イズノスケ音頭」といい、やっぱりご当地には音頭が必要なのだっ
f0109989_22445191.jpg



こちらの御朱印所にも招き猫と七福神系のものがそろってる
f0109989_22455373.jpg



今戸神社の御朱印帳は表紙に今戸名物2匹の招き猫、
裏表紙には福禄寿様がついた、とっても可愛らしい
シャレた御朱印帳なのだが、1500円だったのであきらめた
今日はおみくじやっちゃったし、また次回、ね


そう


家元のおすすめは「招き猫みくじ」だよ
招き猫みくじは各種あるが、特におすすめなのが
いろいろな色の豆粒くらいのちっちゃな招き猫が入っているやつだ!

この豆招き猫、種類がものすごくたくさんあって
色違い、着物違い、挙げてる手の違いがあるのだ
そしてその色によって、お守りしてくれる運勢が違うのだ

家元、実は松本の カエル商店街 近くの神社でも
この「招き猫みくじ」を引いたことがあって
その時ゲッツしたグレーの豆招き猫をずっと大切にしているんだよ

今戸神社で家元が引いたおみくじには
赤い豆招き猫がついていた!
そしてばあやが引いたのには白が!
これで紅白そろって縁起がいいね〜
f0109989_2255639.jpg



さて、心を鎮め、かんじんのお参りへ、いざ


こちらはあんまり並んでないね
f0109989_22564126.jpg



と思ったら


あれ〜、列に並んでいる人たちのために
きれいな神主さんがお守りや絵馬を!
スチュワーデスさんの機内販売みたいだね!
f0109989_22474520.jpg



お社の横には招き猫の石像があるから、ここでもお参りしておこう
f0109989_2259036.jpg



みんな、お賽銭を置いてお参りしたら招き猫の頭をナデナデしてたよ
もちろん家元も、それにならってナデナデ


暗くて見えづらいけど、今戸神社の神様のところにも
大きな招き猫が2匹いるよ
f0109989_2302027.jpg



2匹ペアになっているのが今戸流、だから縁結びのご利益があるんだね!
f0109989_2315491.jpg



浅草名物人力車のコースにもなっている
f0109989_2323060.jpg



この日は若くて小柄な、可愛らしい女性の俥屋さんがいたよ
それも2人乗りを引いてたぞっ、かっこいいね〜


お参りも無事済ませた家元一家
今戸神社へ来たのには、もう1つの目的があったのです


それは


これこれ
f0109989_235542.jpg



これぞ浅草名物(?)ニンニンパンダバス


ニンニンパンダバスは、吾妻橋のたもとにある水上バス乗り場近くから
二天門 → 今戸神社 → 浅草見番 → 花やしき → ROX → 田原町 →
そして雷門を経て戻ってくる、無料の巡回バス


家元は初乗車したけど、とってもノンビリしていてよかったよ
ちょっと時間はかかるけど、なんといっても無料だからね


パンダバスのせいか座席の白いカバーにパンダの耳がついている
危ないときはつかまろう!
f0109989_2311812.jpg



しかし、あまりパンダらしくはないね(パンダバス全景)
f0109989_23121275.jpg



水上バスの乗り場近くに大きな交番があって
パンダバスはその交番の裏手から出発するよ


よいこも浅草へ行ったらパンダバスに乗ってみてね!


パンダバス・パンフレット
f0109989_237983.jpg



裏側には時刻表が、40分おきくらいに走っているようだ
f0109989_23142619.jpg



こうして、家元の「浅草で初詣」な一日は更けてゆきました
今年もあちこち、東京のかくれた名所へ行ってみるぞ〜!



今戸焼ペア招き猫
f0109989_23452087.jpg




今戸神社公式ホームページ
パンダバスのページ(時刻表付き)





↓今戸神社についてもっとしりたいよいこはクリック Go!
今戸神社 @ Wikipedia
[PR]
by kuronekoyuya | 2010-01-04 23:31 | その他トピック | Comments(10)

謹賀新年2010




よいこのみんな!

新年あけましておめでとうございます


今年が良い年でありますように・・・ドアラ
f0109989_2351037.jpg



あらららら〜、こいつぁ春からルパン一味も勢揃い!
f0109989_23514828.jpg



世界の平和を願っているのはブルース三兄弟
f0109989_23523873.jpg




「おで様流」レギュラー陣から
新しい年がよいこのみんなにとって健康でたのしい一年となりますよう
心からの願いを込めた新年のご挨拶でございます〜!



              謹賀新年
f0109989_23561448.jpg





昨年中は「おで様流」をご愛顧いただき心より御礼申し上げます
本年が皆様方にとってお健やかで実り多い一年となりますよう
レギュラー陣ともどもお祈り申し上げております


今年もブログ「おで様流」を
あ、すみからすみまでずずずぃぃぃ〜っと
よろしくお願い申し上げ奉りまするぅ〜
[PR]
by kuronekoyuya | 2010-01-01 00:00 | 趣味のフィギュア | Comments(8)


家元おでによる豪華写真集、全国旅日記、趣味の世界が全速力で炸裂!懐かしの昭和的世界カテゴリR45もあるよ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
シャネル財布さま♪ お..
by kuronekoyuya at 04:50
文吾さま♪ コメン..
by kuronekoyuya at 03:02
おで様 快く転載を..
by 文吾 at 00:13
文吾さま♪ ご丁寧なコ..
by kuronekoyuya at 03:09
Anna Liang さ..
by kuronekoyuya at 23:27
タグ
ブログパーツ
以前の記事
検索
家元のお願い
いらっしゃいまし〜

「おで様流」でご紹介
したお店/スポット情報
は最新でない場合が
あります
ご利用の際は事前に
最新情報についてお問い合わせしてね!

また感想はあくまでも
家元個人の意見です
ご参考までに軽く
受け止めて
くだされ・・・

写真や文章は
個人で見て楽しもうね!

*内容が不可解な
コメント、よいこの
教育上よろしくないと
判断されるコメント、
誹謗中傷を含むコメント
などについては
発見次第削除させていた
だいております・・・
ご了承下さいませ*


ワンちゃんネコちゃん
ペットショップへ行く前に見てね!↓
いつでも里親募集中

ライフボート友の会は
里親さん、ボランティアさんの募集もあり!↓
ライフボート友の会~手を伸ばせば救えるいのちがある~

他にも素晴らしい活動をくり広げている団体があるよ!

ボランティアさんの募集やかわいいグッズの購入で支援ができるシステムもあるから、
よいこは是非一度覗いてみてね♪

日本レスキュー協会
(↑里親募集あり
アニマルレフュージ関西
(↑里親募集あり

支援物資のお知らせは
随時掲載
里親募集もあるよ
がんばるニャンを応援しよう↓

中之島公園の猫たち


クリックするだけで
みんなにかわって企業がいろいろな募金をしてくれるよ!↓



困難な病気と闘う小さな命そして御家族をサポート↓
難病の子供支援全国ネットワーク


<おすすめリンク>

家元お気に入りのコアなリンク集だよ♪
よいこはクリック GO!


<なごみ系>
ギャラリー猫の憂鬱
(↑ギャラリー猫たちの日替わりトピックと写真が見れるよ〜!)
猫ネコ英語
(↑可愛いネコちゃんと実用的な英語がバッチリお勉強できます、毎日見ればペラペラさ!)
Lake Applets
(↑なんだかよくわかんないけど、なごめる)
サーフィン犬バディー
(↑英語だよ、でも写真が超キュートだから見て見て〜!)


<おキモノ系>
おキモノ生活に興味のある方、参考になるよ!
キモノ備忘録
(↑小物もステキ)
豆千代web
着物イメトレ部屋
(↑中身超〜濃し)
小料理ともか
(↑大阪、心斎橋筋の小料理「ともか」さんはお着物姿のステキな女将さんに会える、女性一人でも安心なよいこに優しいお店だよ)


<和&レトロ&カルチャー系>
週刊モガ
(↑日本モダンガール協會主宰の淺井カヨさまは生涯モダンガールをつらぬく美しきアイコン、この方がいる限りモガは永遠なのです!)


明治大正1868-1926
(↑貴重な古写真がいっぱい!)

日本映画資料の小部屋
(↑日本映画ファンなら
必見!素晴らしい資料が満載だよ)

日本珍スポット100景
(↑B級観光地必見!)
東京紅團
(↑文学的/歴史的東京お散歩案内です)

色街の記憶
(↑哀愁の色街写真)
山の上ホテル
(↑存在が伝説)
ヴォーリズを訪ねて
(↑レトロな建物写真)

昭和ロマン美容室
ヘア・サロン夢屋
(↑Funky 60s&70s!)

スワンの涙
(↑ときめきの和洋懐メロ的世界)
DJ タイガー田中の高度成長ミックス
(↑exblog に彗星の
ごとくあらわれた
高度成長ミックス!
昭和の嵐が
吹き荒れるっ)
オンデン70's
(↑ときめきの70年代
ブログはメッチャ充実で
よいこはメロメロだ!)


YouTube Medmickey さんのチャンネル
(↑Medmickeyさんの美しくもカッチョイイ動画は必見 飛行機好きのよいこは迷わずクリック
Go!)


コーヒー・デイズ
(↑素敵なカフェ案内は
生きる道標なのだ!)

中華街ランチ探偵団「酔華」
(↑横浜中華街のことなら
酔華さんにおまかせ!
楽しいトピックが満載だよ)

京都パーフェクトガイド
姐奴の京都おみやげ歳事記
NEW! 姐奴の京都おみやげ歳事記
(↑京都お役立ちサイト
行く前に/行ってからでもチェックせよ!新/旧どちらも必見なのだ)
庵 IORI
(↑で、ここに泊まってみたい)
五条ゲストハウス
(↑現実的にはこっちか、リンクにも注目!)

琉球工房ちゅら
(↑おしゃれな北谷
にある「ちゅら」さん
へ行けば素敵な想い出
の品が・・・
沖縄へ行くよいこは
絶対クリックGo!)


<幕末/歴史系>
幕末維新館
(↑幕末ヲタク必見)
幕末京都
(↑潜入ルポ「寺田屋宿泊」は必見)
竜馬通り商店街
(↑京都伏見)

幕末古写真ジェネレータ
(↑どんな写真でも古写真に一発加工できるよ)

近代日本人の肖像
(↑あの人この人、写真で見れます)
Japan & the Allied Occupation
(↑英語だけど進駐軍時代の写真がいろいろみれるよ!)


<オールド上海系>
駱駝企画室
(↑オールド上海のことなら、迷わずココ!)
大上海糖果號
(↑旗袍(キー・パオ)=チャイナドレスを作りたいよいこは、まずギャラリーで中国服の歴史をお勉強しようね!上海でのオーダーの極意も伝授、他にもステキな写真やコラム満載なのだ)
上海喰う寝る遊ぶ
(↑上記「上海糖果號」主催の王華さんのブログ、お役立ちで楽しいぞ)


<美アート系>
外国語のもメッチャきれいだから見るだけでオッケィ!
Monsieur Z
(↑おフランス語だよ)
Shag
(↑英語だよ)
山本タカト辞典
(↑18禁的世界)

イラスト屋ひぐち制作日誌
(↑新潟を拠点に活躍するイラストレーターひぐちきみよちゃんのホンワカなごみブログ)

えいえもん日記
ながれのかばんやえいえもん
(↑谷根千あたり、心のこもった手作りカバンを自転車で移動販売する、若く美しきえいえもんさんは「ながれのかばんや」なのだ!)


<キャラクター系>
水木しげるの妖怪ワールド
ルパン三世コンプリートファイル
ケロロアイランド
こまねこ

Be My Barbie
(↑バービーちゃんのコレクションがすごい!)
リカ旅ブログ
(↑旅するリカちゃん、連載は終わっちゃったけど過去の日記があるよ、写真もグー!すごいぞ)

赤塚不二夫公認サイト
これでいいのだ!!

(↑とにかく見れ!)


<お笑い系>
流浪の添削ブルース
(↑今すぐ爆笑が必要な人必見だよ、でも18禁)
戦隊な奴ら
(↑君は何レンジャー?)
へなちょこ動物園
(↑へなちょこキャラが
いっぱいでお出迎え
だよ〜!)

カテゴリ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧